大学病院で使われているフォーミュラ食について「薬に頼らず健康になれたら、それが一番の理想です」井上郁夫先生

薬だけでは根本的な解決はありえない

長年、内科医として糖尿病などさまざまな生活習慣病に向き合っていますが、私は「まず薬で数値をコントロールする」という従来の治療法に対し、何十年と異を唱えてきた派なんです。
例えば糖尿病になったら血糖値をコントロールするためにインスリンを投与する場合が多いわけですが、インスリンには肥満を助長する薬理作用があり、他のリスクを高めてしまう可能性も高い。
では、どうすればいいかというと、血糖値を下げるために食事を制限するしかないわけです。これに非常に有用なのがフォーミュラ食だったんです。  

患者が巣立っていくこれが何よりうれしい

フォーミュラ食を用いた栄養指導など数多くの論文を発表。
「薬を使う前に、まずは減量」という想いに共感し大勢の患者さんが訪れるのだとか

最初は、正直「いかがわしいな…」という印象でした。女性誌の広告でよくあるタイプの商品だなと(笑)。でも、フォーミュラ食を使って実際減量に成功した医局員がいたわけです。これは試してみる価値があるかもしれない、というので私も1ヶ月ほど使ってみたんです。これが実に良かった。
これなら薬に頼らず、本来の健康的な生活習慣を取り戻すための大きなツールになるかもしれない。

とにかくフォーミュラ食について徹底的に調べました。成分、原材料から産地、信頼できるメーカーか等、何度も問い合わせて会社自体の真摯な姿勢もよく理解できたわけです。医薬品と違い、厳格な規定のない食品の場合は、表示と実際の中身が違うなんてこともあります。でもフォーミュラ食の場合は、定期的に食品分析センターで品質検査を行っていたり、多くの英文論文も発表されていた。これはサイエンスとして認められるべきものだと確信を持ちましたね。実際に十年近く、現場で使用していますが、非常に手応えを感じています。健康的な生活を取り戻されて、巣立っていかれた方も数えきれないほどです。
肥満というのは、病気のデパート。肥満治療で、それまで隠れていた疾患が見えてくることもあり、そういう意味でも非常に大切な治療といえますね。

生命意欲をもって、めざすは二十歳の自分

肥満を測る上でBMIなど色んな数値がありますが、 まずみなさんに目標にしてほしいのが「二十歳の自分」です。
若わかしく、健康で、活き活きと輝いていた、あの頃の自分をいっしょに目指しましょうってみなさんにはよく言うんです。
本格的にフォーミュラ食で肥満治療に取り組み始めてから、単に数値を下げるだけでなく、減量がいかに患者さんの「生命意欲」に大きく影響するかということも感じています。
こうなりたい、ああなりたいと強く思う。つまり「夢」ですよね。これが非常に精神的な支えになる。我々の職業というのは、一方で死とも向き合う仕事。どうしても現実的になりがちですが、「夢」を与えることのできるフォーミュラ食の役割にもこれから、大いに注目していきたいですね。
みなさんも二十歳の自分をめざして、健康や美容づくりに上手に役立ててほしいですね。

実は私も減量成功者です。本当にいいものか、やっぱり最終的には自分で試さないと。フォーミュラ食は、私自身1ヵ月ほど試した事があるんですよ。実際に医局員で減量に成功してる人を見てたから、本当なのか確かめてやろうかと思ったんだね(笑)。始めてみると、お腹はすかないし、味もいい。正直驚きましたね。私のときは、1ヵ月で5kgほど落ちたのかな。これはイイぞと思ったのが出会いでしたね。やっぱり自分で使って納得したものでないと、人にはいいと言えませんからね。患者さんとも「え、先生も使ったの?」なんてよく盛り上がったりするんですよ。


知りたいけど今さら聞けない…フォーミュラ食ってどんな食品?

糖質と脂肪は最小限に、必要十分な栄養素を補うカロリーを抑えた食品のこと。

減量時には、食事の「糖質」と「脂肪」の摂取を必要最低限に減らし、一方で骨や筋肉、代謝を維持するために必要なタンパク質やビタミン、ミネラルは十分に補う必要があります。
こうした要件を満たす食事代替食品として開発されたのがフォーミュラ食です。
フォーミュラ食は、英国サリー大学の栄養学博士ジャクリーヌ・ストゥーディ女史らによって開発されたのが、その最初といわれ、栄養学理論に基づく高い栄養価と確かな安全性は今や専門機関でも認められるところ。全国一〇〇〇以上もの専門機関での採用実績を誇ります。

美と健康の常食に!? 濃厚栄養食品としても 注目されています!

そもそも減量用にと開発されたフォーミュラ食ですが、近年大きな注目を集めているのが、その濃厚栄養食品としての機能です。
1食で五十種類以上もの栄養素がバランス良く補えるフォーミュラ食は、食事が思うように補えず栄養状態がよくないという方から、外食が多く栄養バランスが偏りがちという方まで、手軽に必要十分な栄養素が補えると好評です。
また良質のタンパク質が効率よく補えるのもポイントで、難治性の褥瘡(床ずれ)への成果も報告され、美と健康の常食としてますます期待が高まっています。